超過リターンとは

資産運用をする際に、基準となる資産Aの利回りと、投資・投機の為に保有した資産Bの利回りを比較したい場面が存在します。
資産の利回りを比較した時のリターンを超過リターンと言います。
この時、基準となる資産は円の定期預金や国債のように、安全資産が基準となる場合が一般的です。

超過リターンの計算式

超過リターンの計算式は以下で表す事が出来ます。

$$z_{it}=r_{it}-r_{ot}$$

上記をもう少し分かりやすい日本語に置き換えると、
超過リターンの対数=比較したい資産のリターンの対数-基準となるリターンの対数
となります。

実際に計算をしてみる

円の定期預金の1年後の利回りが0.01%、Microsoft株の1年後の利回りが0.5%と仮定します。

超過リターンの対数=0.005-0.0001

超過リターンの対数=0.0049
つまり、Microsoft株では、0.49%の超過リターンがあるという事が分かります。