恐らく、FXをはじめたての人が使っているテクニカル指標は、MA(移動平均線)というものです。
以下がMAの画像です。

このように、変動が少ない線(A)と変動が大きい線(B)の2種類がありますね。
このAがBに下から入ってくることをゴールデンクロスつまり上昇の予兆、AがBに上から入ってくることをデッドクロスといって下落の予兆になるのは有名な話ですね。

初心者が少し慣れてくると使いだすものに、EMA(指数移動平均線)というものがあります。
以下がEMAの画像です。

EMAの特徴は、MAと異なり2本の線の幅が狭いですね。
こちらも同様に、AからBに下から入ればゴールデンクロスとなり、上から入ればデッドクロスとなります。

大事なのは、これらの指標にどういった特徴があるかです。

MAはゴールデンクロス・デッドクロスの位置が、EMAのゴールデンクロス・デッドクロスの位置と比べて離れたところにあるため、トレンドの予兆に気が付きやすいという特徴があります。なので、トレンドを先に掴んでいきたいという方にオススメです。
ただし、思った通りの方向に向かわない「だまし」という現象にも遭遇しやすくなります。
(私はギャンブル的な取引が好きではないので、だましという言葉を使わないように心掛けています)

次に、EMAですが、MAと比べてゴールデンクロス・デッドクロスの位置が狭くなっています。なので、ゴールデンクロスやデッドクロスの「だまし」のサインを出しにくくなっています。

以上、皆さんの取引の参考になれば幸いです。