相続をする上で、基本的には土地評価が最も相続税を左右させる要因となります。
その際は、税理士よりも土地の専門家に査定して貰った方が良いです。
理由は、税理士は会計や経理、個人の確定申告が得意であり、それを請ける事を仕事としている方が多いので、土地の査定においては減額のポイントを見落としやすいのです。