多くの著名な方々や一部の経営者などはタイトルの件の回答で、本業や投資、副業などをオススメしています。

が、私は正しい節約こそがまずは一般人に大切だと、お金の相談を受ける度に話をします。

理由は以下の通りです。
[本業]
仮に月2万円程度の収入を増やしても、1.6万円程度の手取り増加にしかならない上に、そこには確実性がありません。それに、もしかしたら注力をしなくても昇給するかもしれませんね。
成果をキチンと評価をされる土俵に立ってきた人達は、「本業に注力するんだ」というアドバイスをすると考えられます。

[副業]
「副業をしてみたい」という相談を私は一番受けてきましたが、あまりオススメ出来ません。
理由は、そこに時間と労力等を割かないといけない為です。
スキルアップや独立へのステップといったポジティブな理由があれば話は別ですけどね。

[投資]
オススメではありますが、元金が仮に30万円の人が年に10万を増やすことができたとしても、その効果は月1万円の節約よりも効果が低いです。

[節約]
私が一番オススメしたいのが節約です。…が、「食事を抜く」「我慢をする」といった節約は悪手です。
大抵、ダイエットのリバウンドみたいな現象が発生します。
節約において大切なのは、「固定費を見直していくこと」です。

ということで、本日は本の宣伝です。
私は隙間時間に、節約に関する本を作成して電子書籍として出版をしました。
構成は低予算感が伝わるかもしれませんが、情報の質については自信を持っています。
誰にでも理解が出来るようにと思い、計算式と計算式上の単位を意識的に記載しています。
多くの節約本では、「長財布を持つとお金が貯まる」「お金は綺麗好き」のように、スピリチュアルな事柄を書いていますが(欧州の知り合いに長財布を教えたら可愛いと笑っていました)、私の本の中では、格安SIM、電気料金プラン、ガス料金プラン、髭の永久脱毛の節約効果、 会社からハネられるお金を節約つまり独立についても述べていたりします。
この本を通して、通常のサラリーマンは生涯のお金を数千万円単位で変えられるという自信があります。(それを証明する為の計算式も丁寧に書いてきたので…)
一応、英語版も出版しています。

[日本語]
・Kindle
https://www.amazon.co.jp/dp/B07ZMNQP7P/r
・kobo
https://books.rakuten.co.jp/rk/3d77a378e3d2335eade9b63d34e9b719/
・Google Play
https://books.google.co.jp/books?id=DUy6DwAAQBAJ&hl=ja

[English]
・Kindle
https://www.amazon.com/dp/B084VP145T
・kobo
https://www.kobo.com/jp/en/ebook/how-to-save-money-in-japan
・Google Play
https://play.google.com/store/books/details?id=IK3QDwAAQBAJ